コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 文化・芸術 > はだの歴史博物館 >展示

展示

問い合わせ番号:10010-0000-2125 更新日:2022年9月23日

シェア

≫これまでの展示会(~2020年)

2022年(令和4年)度の展示

展示会一覧表
名称 開催期間
企画展『石が語る秦野のくらしと祈り』 4月19日~7月20日
企画展『レンズがとらえた50年前の秦野』 4月26日~6月26日
企画展『夏。丹沢。山小屋に行ってみました。』 7月16日~9月25日
企画展『5つの目でみた表丹沢』 8月6日~10月10日
写真展『2023 震生湖誕生100周年記念写真展 「震生湖 あの日あの時」』

8月16日~9月15日(南公民館にて
9月16日~10月13日まで期間延長)

『秦野たばこ資料展』 9月10日~9月25日
企画展『鎌倉時代の秦野』 10月8日~12月25日
企画展『病魔とたたかえ! 治療と予防の歴史』 11月15日~1月9日
企画展『秦野市完成 西秦野町との合併を巡って』 1月(予定)
企画展『大根鶴巻の歴史と文化』 2月(予定)

企画展示
 

企画展『石が語る秦野のくらしと祈り』

「石」は人類の誕生から道具として利用され、現在においても様々な場面で使われています。
私たちの身近な存在である「石」を通し、秦野の人々の生活や信仰の歴史をたどります。

  • 日にち:令和4年4月19日(火曜日)から7月10日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第1企画展示室
  • 入場料:無料

琥珀大珠翡翠大珠
東開戸遺跡出土 琥珀大珠と翡翠大珠

板碑
市内遺跡出土 板碑(イタビ)

企画展『レンズがとらえた50年前の秦野』

50年前の昭和47年に「広報はだの」用に撮影した写真や資料から、当時の様子やイベントを振り返る写真展を開催します。

  • 日にち:令和4年4月26日(火曜日)から6月26日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第2企画展示室
  • 入場料:無料

入園式 たばこ祭25
ひろはた幼稚園入園式 第25回秦野たばこ祭 たばこ音頭

企画展『夏。丹沢。山小屋に行ってみました。』

「山の日(8月11日)」に合わせ、丹沢の山小屋の今昔の姿を、丹沢まつり写真コンクール入賞作品や岩田傳三郎氏撮影写真を展示して紹介、また、昨年度オープンした「ヤビツ峠レストハウス」所蔵資料等も展示します。

  • 日にち:令和4年7月16日(土曜日)から9月25日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時 (入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第2企画展示室
  • 入場料:無料

初代尊仏小屋 ヤビツ山荘
初代尊仏小屋 ヤビツ山荘

企画展『5つの目でみた表丹沢』

秦野盆地から眺望できる丹沢表尾根は、古くは修験の山として開かれ、近代以降は首都圏からの登山客でにぎあう山でもあります。その表丹沢を、「生き物」、「生業」、「信仰」、「観光登山」、「国体と登山ブーム」の5つの視点からとらえ、その多彩な魅力に迫ります。

  • 日にち:令和4年8月6日(土曜日)~10月10日(月曜日・祝日)
  • 時間:午前9時から午後5時 (入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第1企画展示室
  • 入場料:無料

丹沢 鹿 炭焼き
信仰 登山

写真展『2023 震生湖誕生100周年記念写真展 「震生湖 あの日あの時」』

令和3年に国登録文化財となった震生湖は、来年(令和5年)、誕生100周年を迎えます。今回、誕生100周年記念事業のプレイベントとして、震生湖の歴史をたどる写真展を「はだの歴史博物館」「秦野市立南公民館」「秦野市立南が丘公民館」の3館にて同時開催します。

  1. はだの歴史博物館
    ・日にち:令和4年8月17日(水曜日)~9月15日(木曜日)
    ・時間:午前9時から午後5時 (入館は4時30分まで)
    ・場所:当博物館 映像コーナー
    ・入場料:無料
  2. 秦野市立南公民館
    ・日にち:令和4年8月17日(水曜日)~9月15日(木曜日)
    ・開場時間等は各館にご確認ください。電話番号:0463-81-3001
  3. 秦野市立南が丘公民館
    ・日にち:令和4年8月17日(水曜日)~9月15日(木曜日)
    ・開場時間等は各館にご確認ください。電話番号:0463-84-6411

注: 3会場同時開催で、同一写真はありません。

※期間延長のお知らせ
   上記にて展示した写真を令和4年9月16日(金曜日)~10月13日(木曜日)の間
   秦野市立南公民館1階ロビーにて展示します。
  

ポスター表 ポスター裏

『秦野たばこ資料展』 秦野葉タバコ耕作の歴史

秦野の発展を支えたたばこ産業について、浮世絵や民具、たばこ関連資料と、タバコ耕作や秦野専売支局、「緑水庵(国登録有形文化財)」などのたばこに関する写真を展示し紹介します。

  • 日にち:令和4年9月10日(土曜日)~9月25日(日曜日)
    (24日及び25日は秦野たばこ祭の事業として開催します。)
  • 時間:午前9時~午後5時
  • 場所:秦野市立本町公民館1階 電話番号:0463-84-5100
    注:「はだの歴史博物館」ではありませんのでご注意ください。
  • 入場料:無料

タバコ耕作画  タバコ葉
左:藤井白映 画、右:タバコ葉の写真
 

鎌倉時代の秦野

放映中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で鎌倉時代が脚光を浴び、舞台となる地域の歴史に関心が高まっています。ドラマで放映されている時代の秦野はどのような様子だったのか、登場する歴史上の人物と秦野の関わりなどを、「吾妻鏡」などの文字史料から解説します。また、鎌倉時代と推定される居館跡や遺物が発見された東田原中丸遺跡の考古資料も展示します。

  • 日にち:令和4年10月8日(土曜日)~12月25日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時 (入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第2企画展示室
  • 入場料:無料

 金剛寺木造阿弥陀三尊像 白かわらけ
 左:金剛寺木造阿弥陀三尊立像  右:東田原中丸遺跡出土 白かわらけ

 

2021年(令和3年)度の展示

展示会一覧表
名称 開催期間
企画展 春季企画展『大安吉日 祝いのとき』 4月3日から6月20日
企画展『縄文時代のムラ・中後期集落の様子』 4月20日から7月11日
企画展 夏季企画展『村の暮らしと「山」』 7月6日から10月3日
企画展『博物館資料の紹介 はじめまして新資料です!』 8月7日から9月26日
第74回秦野たばこ祭メモリアル事業 『秦野たばこ資料展』 9月11日から9月26日
特別展 秋季特別展 『遺跡・遺物が語る! かながわ・秦野の歴史2021』 10月8日から12月12日
令和3年度 指定文化財 特別公開 10月30日から11月3日
企画展 新春企画展『絵図で旅する江戸時代の秦野』 1月8日から3月21日
企画展『母ちゃん、頑張る!西秦野町公民館婦人学級と働く女性たち』 2月1日から4月17日

企画展示

春季企画展『大安吉日 祝いのとき』

コロナ禍により生活様式が変わりつつある今、昔の人々はどのように人生儀礼を執り行っていたのでしょう。
出生・成長・婚姻など、祝いの場、ハレの部分にスポットを当て、その場を仕立て、飾り、人々を華やかに包み込んでくれた品々を紹介します。

春季企画展ポスター
 

企画展『縄文時代のムラ・中後期集落の様子』

近年、新東名高速道路建設に伴う発掘調査成果により市内における縄文時代のムラの様子が明らかになってきています。
市内の遺跡から出土した土器・石器、石製品をもとに、縄文中期、後期のムラの様子を解説します。

  • 日にち:令和3年4月20日(火曜日)から7月11日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時 (入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第2企画展示室
  • 入場料:無料

大岳院遺跡 琥珀大珠翡翠大珠
大岳院遺跡 竪穴式住居跡 東開戸遺跡 琥珀大珠と翡翠大珠(秦野市指定文化財)

夏季企画展『村の暮らしと「山」』

丹沢山地と里に暮らす人々、どんなつながりがあったのでしょう。
江戸時代からの古文書や絵図、暮らしの道具や写真で紹介します。

「山の日」にちなんだ企画展です。
(今年の「山の日」は、8月11日から8月8日に移動しています。)

  • 日にち:令和3年7月6日(火曜日)から10月3日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第1企画展示室
  • 入場料:無料

ポスター

企画展『博物館資料の紹介 はじめまして新資料です!』

近年収集した資料や発掘調査報告書が刊行された遺跡について、新たに博物館資料となった仲間たちを紹介します。
考古・丹沢・戦争・美術の4つのテーマから展示します。
未公開資料に会ってみませんか。

  • 日にち:令和3年8月7日(土曜日)から9月26日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第2企画展示室
  • 入場料:無料

第74回秦野たばこ祭メモリアル事業 『秦野たばこ資料展』

「第74回秦野たばこ祭」は新型コロナウイルス感染拡大防止により中止になりましたが、秦野の発展を支えたたばこ産業について、所蔵資料や写真パネルを用いて紹介します。
浮世絵や民具、タバコ耕作や秦野専売支局、「緑水庵(国登録有形文化財)」などのたばこに関する資料を展示します。

  • 日にち:令和3年9月11日(土曜日)から9月26日(月曜日)
    時間:午前8時30分から午後5時
  • 場所:本町公民館 1階(「はだの歴史博物館」ではありませんのでご注意ください。)
  • 入場料:無料

浮世絵 専売支局 緑水庵

令和3年度 指定文化財 特別公開

文化財保護強調週間に合わせ、市指定文化財を公開します。
今回公開する文化財は、「二子塚古墳出土 銀装圭頭大刀」と「ニホンオオカミの頭骨」です。
短期間ですが、ぜひこの機会にご覧ください。

  • 日にち:令和3年10月30日(土曜日)から11月3日(水曜日・祝日) 注:月曜日は休館
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館館内映像コーナー
  • 入場料:無料

なお、本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当はだの歴史博物館のみでの公開となります。

ポスター
 

新春企画展『絵図で旅する江戸時代の秦野』

江戸時代の秦野を旅してみませんか。
絵図や古文書で当時の村々の様子を紹介します。また、旅に関する民具や浮世絵を展示し江戸時代の旅を紹介します。

  • 日にち:令和4年1月8日(土曜日)から3月21日(月曜日・祝日)
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
    注:1月22日午前中は、講演会(さくら塾)のため入場できません。
  • 場所:当博物館 第1企画展示室
  • 観覧料:無料

ポスター 十日市場 駕籠

(掲載しているものは展示されない場合もあります。)

企画展 『母ちゃん、頑張る!西秦野町公民館婦人学級と働く女性たち』

今回の企画展では、西公民館新築にあたり移管された資料と故小野光利氏が撮影した写真を基に、60年ほど前の西秦野町の女性たちにスポットを当てます。戦後、新しい社会の一員としての役割を担うことになった女性が婦人学級を通じて学んでゆく様子や労働に励む姿を紹介します。

  • 日にち:令和4年2月1日(火曜日)から4月17日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第2企画展示室
  • 観覧料:無料

ポスター 修了式 苗運び

特別展示

秋季特別展 『遺跡・遺物が語る! かながわ・秦野の歴史2021』

縄文住居がやってくる

今回は、2020年度に行った、かながわ考古学財団の調査成果について展示します。
稲荷木遺跡(秦野市)では、炭化した木材と一緒に縄文時代の住居が見つかりました。この住居の実物大のレプリカを展示します。
また、日本国内でも発見例が少ないということで注目された、西富岡・向畑遺跡(伊勢原市)の埋没林からは、出土した縄文時代の昆虫の一部を展示します。

各遺跡から出土した貴重な遺物と一緒に、ぜひ一度、間近で観察してみてください。

  • 日にち:令和3年10月8日(金曜日)から12月12日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
    注:11月13日午前中は、講演会(さくら塾)のため入場できません。
  • 場所:当展示館 第1企画展示室
  • 入場料:無料

注:特別展開催期間中のイベントとして、さくら塾第4回『謎の炭化材を伴う縄文時代の住居』が11月13日に開催されます。

縄文住居

≫これまでの展示会(~2020年)

  • 日にち:令和3年4月3日(土曜日)から6月20日(日曜日)
  • 時間:午前9時から午後5時(入館は4時30分まで)
  • 場所:当博物館 第1企画展示室
  • 入場料:無料

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:文化スポーツ部 生涯学習課 文化財・市史担当
電話番号:0463-87-9581

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?